診療科・部門診療科・部門

リハビリテーション室

リハビリテーション室とは

リハビリテーションは厚生省白書によると「リハビリテーションとは、心身に障害のあるものが社会人としての生活ができるようにすることである。実際には心身に障害のある人の社会復帰を促進することにより、身体的、精神的、社会的、職業的にその能力を最大限に発揮させ、最も充実した生活ができるようにすることを目的としている。」とされています。

脳卒中リハビリテーションについては、発症直後から、急性期、回復期、維持期にわたって、一貫した流れでリハビリテーションを行うことが勧められています。(脳卒中治療ガイドライン2015)
当院では、発症から回復期までにわたって、入院患者さんに対して365日リハビリを実践しています。

各療法

理学療法

作業療法

言語聴覚療法

音楽療法

理学療法

理学療法

座る、立つ、歩く、などの基本動作ができるように、体の機能の回復をサポートします。日常生活を送る上で、とても必要な基本動作です。
1日でも早く回復し、家庭や社会に復帰できるよう、運動療法(筋力トレーニング、関節運動、活動訓練)や物理療法(マッサージ、患部を温めたり冷やしたりする、電気刺激)を行います。場合によっては患者さんの状態に応じて、装具、杖、義肢などを用います。

作業療法

作業療法

指を動かす、食事をする、着替える、など日常生活を送る上で必要となる機能の回復をサポートします。患者さんの趣味や好みを考慮しながら、手芸や工作、遊びを通じて生活全般にかかわる応用活動ができるようにします。

言語聴覚療法

言語聴覚療法

話す、聞いて理解する、書く、認知する、などコミュニケーション手段として必要な能力の回復を図ります。発声のための筋力トレーニングや、言葉を引き出すためのカードを使った訓練などがあります。
また、麻痺などにより起こる飲み込みの障害(嚥下障害)に対して、評価・訓練を行い、食事がとれるようサポートします。

音楽療法
音楽療法

音楽療法とは、音楽の特質である、リズム・メロディー・テンポを使って、身体機能や精神面などに働きかけ、心理・身体機能の維持、向上を目指します。慣れ親しんだ歌の歌唱や楽器活動などを通して、楽しみながら行います。

診療科・部門

Copyright © 2016 医療法人 卓和会 藤井脳神外科病院 All Rights Reserved.