診療科・部門診療科・部門

神経内科

脳・脊髄・末梢神経・筋肉などでの病気の診断と治療を行います。

神経内科の病気は、下記のような全身に関連する症状を起こします。
神経内科の診断をした病気については、外来や入院にてお薬の反応などを見ながら症状の経過をみていきます。
脳や神経、脊髄に病気があり、手術が必要となる場合は、脳神経外科と協力し治療にあたります。
筋肉などの病気が骨や関節にある場合は、整形外科に、精神的なものは精神科にご紹介することがあります。また、感覚の異常のなかには眼科や耳鼻科の病気の場合もあります。
まずはご相談ください。

神経内科で診る主な症状

頭痛(片頭痛、緊張型頭痛)
手足のしびれ・脱力(脳卒中、多発性硬化症、頚椎症、運動ニューロン病、末梢神経障害)
ふるえ・筋硬直(パーキンソン病、本態性振戦)
ふらつき・めまい・歩行障害(小脳失調、脳卒中、パーキンソン病)
けいれん・気を失う(てんかん、脳炎、脳出血)
もの忘れ(認知症、多発脳梗塞)  など

スタッフ

非常勤医師

滑川 道人(自治医大さいたま医療センター)

診療科・部門

Copyright © 2016 医療法人 卓和会 藤井脳神外科病院 All Rights Reserved.